読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cellophane__blue___

夜明け前のセロハンブルーと 君の帰りを待つセロハンブルー

2016.12.22 Zubnure in Ametsubu.

 

f:id:cellophane__blue_37:20170101022255j:image

 

f:id:cellophane__blue_37:20170101035116j:image

 ホール。ブレブレ

 

f:id:cellophane__blue_37:20170101023502j:image

ファンの方のお花がすごい可愛かった。

 

2016.12.22

L’ULTIMO BACIO Anno 16  December's Calling」

(TK from 凛として時雨/原田郁子(クラムボン)/Ametsub)

恵比寿ガーデンホール

TK(凛として時雨)× 原田郁子(クラムボン)が聖夜にアコースティックセットで競演!初のセッションでも観客を魅了 [T-SITE]

恵比寿といえばどうしても花男の名ゼリフが出てくるんですが。時計広場の。

 

ホールすぐ突き当たり横にあるお城みたいな高級レストラン。

というかとても有名かなここ。お洒落で、すごい目立つよねここ。貸しスタジオだと思ってました。

フロア毎に、プライベートルームやバーもあるそうで。2Fが高級レストランらしく。

1Fのお店は比較的安いそうです。どなたか連れてってください。(笑)

 

ライブが終わって外に出るとすごい風が強くて、その後寄った渋谷でスタバのブレンドを買ったのち黒い長いワンピースが見事にびしょびしょになりました。道に迷ったので余計に。みんな傘ひっくり返ってびしょびしょで楽しそうでした。

 

肝心なライブの方は、

こりゃまた遅刻。用事が押してしまい。。。

 

なんかやたら火災が多い日だった。沿線火災、新潟の大きな火災、大宮の駅前火災。

その沿線火災で山手が遅れてた。

あ、こないだも私のよく知る街の老舗銭湯の煙突が焼けたニュースがあったな…

 

転換直後でちょうどTKから見れたんです。

コップいっぱいで零れそうなオレンジジュースを一気飲みして着席。

 

ステージにはグランドピアノが。

しっとりとしたtokioから始まるTK。空気に飲まれます。耳が潤う。久しぶりに素敵なピアノを目の前で聴いた。

Signal、Unravel、と

どちらもアコースティックに合う、叙情的な曲が聴けた。

 

セットリストは昔やったアコースティックライブとあまり変わらないのかも。そちらには行ってなかったのですが。

時雨の曲が多く。

感覚UFO、シークレットG、Sergio Echigoと激しいツンツンした曲をアコギで掻き鳴らし叫んで。

そういうのが好きです。良かったです。

今日はアコースティックですが僕はちょっと激しい曲をやります、みたいなことを言って。MCがクール。

 

 

今となってね、Ametsubが見れなかったのが悔しい。名前的にめちゃ気になるのです。

クラムボンもね、しろくまカフェここさけをちょうど見てたとこだったから悔しかった。

アンコールのwhite silenceで共演が見れ聴けてよかったです。

イントロに自然のような雑踏のような音が流れ… 二人がいることにより静かな空気感が増して聴こえました。

 

ホールが中くらいで、場所的にも雰囲気があって、クリスマス前に合うなあと。

米粒なんかじゃ全然ない、そこにいる存在感を感じれる良いホールでした。

 

欲をいうと、Dramatic SlowmotionとかSeacret Sensationもアコースティックに合う気もするのですが、どうなのだろう。

掻き鳴らすアコースティックっていいよね。

 

 

物販でタオルとカレンダー購入。

TKのペンギンのデザインすごいかわいい。ネイビーやチャコールやブラウンのカラーに惹かれます。

あと物販じゃないけどTKのブランドのhiyuが、 ” 比喩 ” が語源で素敵。

比喩、暗喩、、いい言葉だよね。英語でmetaphorだし。

 

ほかの2組について何も書けなく恥ずかしいのでこれで終わりにするよ。

出演者はTKを中心的に毎年やってるようなので来年も楽しみ。

 

アコースティックライブとずぶ濡れ共に、クリスマス直前の良い思い出でした。

 

 

6月だ。


もう6月もかなり終わりですが。。

雨の季節は好きだ。
雨の曲が好きだ。やっぱり。

うじうじした漫画もたぶん読みやすい。
最近、惡の華を読んでる。今更感あるかもしれないんですけど。面白い。


近況としては、旅行に行きたい。うん。ふらっと。

今ならお安めにヨーロッパ旅行に行けるのだろうか。
ニュースもまだ賑やかでこれから色々あるんだろうけど。
行きたいと思ったら行った方が良いのだろうね。


そうだ。大人な話題だけど、
「飾り窓」ってものを知って、
写真見たら、窓がいっぱいある運河沿いの夜の街で、長い窓の中の美人がピンク色に照らされていたりして、その写真が綺麗なんだよね。素敵だった。オランダが有名らしいんだけど。
そんなのがあるのを知らなかった。それも各都市の運河沿いの街に多いなんて。

飾り窓ミュージアムってのもあるらしい。


最近あとは…家で映画見たり、ベース弾いたり、ミリしらシリーズ見て爆笑したりときメモ類を久しぶりに始めたりだな。

何も変わらへんやん。はは。


ベース。一人でに弾いてるの楽しくてね。ああ楽器って楽しいんだなってね。なんだろな。







不人気のやつです(笑)

GS以外の他のときメモあんまやったことないからかそこまで違和感は感じてないけど。リアルな路線もいいと思う。
でも服機能のバリエーションが激しく少なくてダサい。なんと服が買えないのだ。通販を使えば買えるのだろうか?趣味でファッションカタログを入手しても何が変わったのかわからない。見ただけ?主人公何してんだ。

ときメモ3はときメモで唯一3Dであり、暗めのリアルなテーマも多く、女の子が冷ため、服機能がアレ、電話番号の入手が本人と下校しないと手に入らない…これらの理由で不人気らしいですね。


f:id:cellophane__blue_37:20160628154302j:image
漆野 慧  (しの けい)
というなかなか文系な名前。慧の読みは「さとし」と迷う。
GSだと、雨野 綴季  (あまの つき) (うの つき)という名前にしてた。これまた気に入った。梅雨だからこの名前に。
恋愛ゲーのプロフィール入力からお洒落なハンドルネームが生まれる説。


f:id:cellophane__blue_37:20160628160513j:image
3は今は和泉さん狙い。神条さんにも揺れる。
でも成績を全部高めていると関係ない女の子が勝手に出てくる。
まあ、みんな、よろしくね。

あと3といえばケセランパサラン
寂しくコロコロ転がるやつ。そんなどうでもいいプレゼントをクラスメイトの男・白鳥に貰う。白鳥は一体どんな趣味をしてるのか…。なんか、もうお前ら付き合ってしまえ。
百均の麻の紐とボンドでケセランパサランすぐ出来るよね。私のツボを押すケセランパサラン
恋愛生活楽しもう。


2016



f:id:cellophane__blue_37:20160216114950j:image


今年も2月に入ってしまって、
バレンタインデーは過ぎて、

でも、


あけましておめでとうございます。
 


区切りをつけたくて。

っていっても書くことは…


最近は、
ベースのスコアを新たに買ったとか、ちょっとバンド組みたくなってきたとか、横浜行きたい、スカイツリー行きたい、台湾行きたい、ブルックリン行きたい、怖い話・心霊写真ガム集めたいな、
100均のギターが肩叩きにちょうどいいサイズだな、鯛せんべい美味しいな、うすあわせ食べたいな、久しぶりに花を買ったら花びらが一夜にして一気に行方不明になったとか、綺麗になりたいな したいなとか、学生に戻りたい、とか、
綺麗でお洒落なオフィスに通いたいな〜  社員でもバイトでも、とか。

オモコロよく見るんだけど、写ってるオフィスがオサレで、そんなオフィスを背景に素っ裸になってる写真とかを見てそう思いました。(笑)

携帯カニの記事とか最高だよね。
ARuFaさんの。うん。おもしろい。

マンガはどろりさん、サレンダーさんが好き。いや他も好き。剛さんって今すごい人気みたいだよね。
どろりさんの、ちょっとこわいけど頭を使うような捻ったマンガが好きです。「文雄くんは広告じゃない!」がとても好き。
あと盛岡さんの「親父がダイエーの屋上でドリフトをした時の話」とか。
ジャスコのゲーセンでアンパンマンのポップコーン作ったこと、ジャスコのゲーセンに着いた途端に偶然鼻血が出て「帰るか?」と鼻血が出ただけで帰宅するか聞かれて、小さい頃だしそんなに頻繁に行きたいところに連れてって貰えるわけでもないし、"せっかくここに来たんだもん、帰らないよ! 帰らないわよ!"って思ったのを思い出した。





えと、話を戻すと、


去年の話なんだけど、

秋に、telephonesのラストパーティーに行けたことと、時雨のツアーファイナルに行けたのが、幸せですね。



f:id:cellophane__blue_37:20160216120314j:image
f:id:cellophane__blue_37:20160216120514j:image
(↑よく見ると右の花は電話ズの元メンバーらしき人からのお花(笑))
f:id:cellophane__blue_37:20160216120727j:image
(mirrazからの花がかわいい)


ラスパは、

「ディスコ!!!!」
「SAITAMAAAAAAAAAAAA!!!!!!」
何回聞いただろう。(笑)
何回言ったり叫んだりしたかな(笑)

いいよね。なんかわかんないけど、サイタマ。(笑)

楽しかったよ。


ライブは、
BAWDIESが熱くて楽しくてノリノリだった。イケメンだし、得。(笑)  よかった〜。
前に座ってた子供連れのお子さんが電話ズのサッカーシャツ着てて、お母さんがBAWDIESのノリノリで熱いファンのようで、その男の子に " 見てみ!かっこいいでしょ!" って見せてて微笑ましかった。
サカナはやっばりタイトでクールな世界観で、レーザーがピシーッて、かっこよくて、イケてて、ノリノリよな。新宝島では " 新宝島 "の文字のレーザーが映されるんだよね。
syrupは途中から見たけど、毛色の違うノリノリの音楽の間に、冷たく吐くような音楽があるとその空気に呑まれる感覚で気持ちいい。フェスの良さだね。
9mmはぐるぐるめちゃ動くから遠くからでも賑やかで、見やすい。(笑) 
最近9mmはまたラウドな曲が多い気もするな。
dustboxはパンクでやっぱりテンションが高い曲が多くて楽しかった。

そしてtelephones、見れてよかった。
SAITAMA DANCE MIRROR BALLERSの少し哀愁系のディスコサウンドと青色の照明に包まれて揺られる。
Monkey Discoooooooは一番やっぱり盛り上がったよね。会場はさいアリで見渡す限りものすごい人の海だから揺れまくったよね。
(DJ、時雨については見逃してしまいましたが…)
席はずっと2階席右側だった。

telephonesのトリビュートが翌日発売だったんだけど、dustbox (A.B.C.DISCO)、BAWDIES (sicks rocks)、9mm (Monkey Discooooooo) で、それぞれやってて楽しかった。レアだしね。
BAWDIESはsicks rocksだと思ったわ。それぞれ嬉しかった。


f:id:cellophane__blue_37:20160216120918j:image
f:id:cellophane__blue_37:20160216120936j:image
f:id:cellophane__blue_37:20160216121613j:image

さいたま新都心の駅の、格子状の大きなアーチのアーケードになってるのが好き。綺麗。けやき広場も。奥の方行くとやたら風強かったですが。
新都心の近辺が仮面ライダーなどの戦隊モノの聖地とは知らなかった。

the telephones、盟友&埼玉の先輩招いたSSA「夢のような10年間でした」 (ナタリー)
 http://natalie.mu/music/news/164965




時雨のファイナルは、

パシフィコ横浜の国立大ホールで、
1階の右側40列くらいで、見ていてそんなに遠く感じなく、よかった!

f:id:cellophane__blue_37:20160216121943j:image
f:id:cellophane__blue_37:20160216122339j:image
(上は海側の入口。綺麗な建物。
下は表口。ステンドグラスがとても綺麗だったけどこの日は表側は封鎖していました)


雑踏の音と携帯の着信音のSEで始まり、ちょっとゴシックな雰囲気のステージ。轟音の間に壁に映るメンバーの影がゆらゆら。
Metamorphoseがその会場に合っていた。聴けてよかった。mirror frustration、karma sirenもよかった。
Telecastic〜では、うん、手を振り上げましたよ。

P'sコーナーでは、「時雨は不定期なバンドでして。今年は活発的な活動をしたんですけど。来年の予定は、未定なので、今日は目をまん丸に見開いて見てください」…と。
「今度関ジャニと対バンするんで関ジャニのタオル持ってきました」とタオルを見せて、
「朝の占いのラッキーカラーがゴールドでゴールドのスニーカー履いてきたんだけど楽屋のゴミ箱と同じ色だったんですよ」とスニーカーを見せてくれた。

「時雨のライブでは声を挙げるところはここしかありませんよ」と、掛け声コーナー。
「telephonesのディスコは僕達が引き継ぎます!」と、
チョコレイト・ディスコの掛け声、telephonesの高音石毛ディスコ、レキシの稲穂コール、Xコール Xジャンプで観客を巻き込み、
YOSHKIさんが偶然当日誕生日で、あとでYOSHKIさんおめでとう!って皆ツイートとかしてね、的な。(笑)
そのあと、ピエールさんの濃厚でシュールなmoment A rhythmのカラオケが始まり、最後は石野卓球のクールでタイトなサウンドに乗せてだんだん激しくなるクールな即興ドラム。
楽しかった。

345さんの物販紹介が最後の曲前に入り、「はあ、はあ…」と息が切れてちょっと可愛い345さんに客席から「頑張れー!」の声。

夕景の記憶がよかった。ステージが夕景色に染まって、発狂の曲たちの中に静寂が入りこんで。
傍観でTKがめちゃくちゃに叫び、掻き鳴らし、ギターの音が残ったまま去り、ライブは終了。
その後、余韻に会場前の何もない黒い夜の海を眺めて帰宅。

f:id:cellophane__blue_37:20160216122107j:image

凛として時雨パシフィコ横浜で今年のワンマンを締めくくる  (M-ON! Press)  
 http://www.m-on.press/music-news/0000033965


あとライブ後12月上旬に、345のアーティストモデルのベースを購入。カラー見た目気に入ってます。がんばるよ。

年末はとくに何もせず、大晦日は紅白に和気藹々してました。
近年で一番バラエティに飛んでたし私的にも需要があった。
Perfumeがなんかすごいのやってたしね。
年末年始どん兵衛の鴨そばとかばっか食べてましたね〜。

年賀状がほしかったなー がお正月の感想ですん。


以上です。


…と、こうライブや年末のことを書くのが年を跨ぎすぎてるのが疑問なんだけど、一応書いておこうと。証として。


最近あまりライブに行けてないので、今後楽しめたらと〜。

ガリレオが解散してしまうので、見ておきたいです。同世代としてもそう思う。
あとは諸々。


あ、そして最近、
telephonesのKeep Your Disco!!!のサビをドナルドダック風に歌い、ドナルドの三匹のいたずらちびっ子たちとの奮闘を練りこんで歌うのがちょっとマイブームになりつつあります。(笑)

楽しいです。これを見た方がいれば、歌ってみてください。(笑)

あ、Keep Your Disco!!!のPVすごい面白いよね。
他のも好き。something goodとか。



 
と、いうわけで、

今年、よろしくお願いします。


申年生まれとしても。
よろしく。



インスタとかTwitterもよろしこで…



では、この辺で。